成長痛オスグッドシュラッダー病

OSGOOD-SCHLATTER DISEASE

『巨人の星』『アタックNo1』1960年代のスポ根アニメではよくある描写にうさぎ跳びがあります。しかし医学的に膝を痛めてしまうという意見から1980年代には禁止されました。
しかしそれから40年近くたった今でも運動する小学校高学年から中学生で同じように膝に痛みを抱え思うようにプレーできない子供たちが多くいます。

ということで今回の内容は運動する子どもがいる親世代に必ず知っておいてほしい成長期の膝の痛みから子どもを守るためにできることをお伝えします。

この内容を知って実践することで大事なお子様をスポーツ障害から守るだけでなく、思い通りのプレーを痛みがなくできることによって将来のビッグスターが誕生するかもしれません。

そもそもオスグッド病とは簡単に言うと成長期における使い過ぎによる脛の前の部分の変形による膝の前の痛みのことです。
スポーツ全般にみられますがジャンプ動作やダッシュ、キックなどで起こり膝のお皿の下の脛の出っ張り部分の限局した痛みと強い圧痛があります。

お子様に「このようなことが思い当たりませんか?

お子様が上記に当てはまるような場合は特に注意が必要です。
この内容を知るとあなたのお子様は膝の痛みや将来的な不安から解放されるだけでなく、痛みによって諦めざるを得なかったことができるようになります。

一つでも当てはまる方で
このつらさから解放されたいと思う方は
できるだけ早く当院にご相談ください

青島宏樹 代表

bodystyle-works代表
パーソナルトレーナー

本物とはまさに
土方先生のことだと思います!

体に関する知識や、患者さんに対する誠実さは、私が知る中で先生を超える人を知りません。本物とはまさに土方先生のことだと思います。

松尾隆志 選手

アメフト選手
福岡SUNS

スポーツに特化した
本当に信頼できる先生です!

怪我がつきもののコンタクトスポーツで大学時代からずっとお世話になっています。スポーツに特化した本当に信頼出来る先生の1人です。

飯島章裕 院長

いいじま整骨院

最前線で施術を行う姿は
治療家の鑑です!

ここまで患者さんのことだけを考えて、最前線で施術を行う姿はまさに治療家の鏡です。患者さんが何でも相談出来る理由がわかります。

塚田明樹 院長

とりつかせいプラクティス整骨院

意識の高いスタッフが自然と
彼のもとに集まるのもうなずけます!

今最も勢いのある先生の1人だと思います。意識の高いスタッフが自然と彼のもとに集まるのもうなずけます。

永井晋 院長

(株)Three.I.R 代表取締役
鍼灸整骨院三六愛媛院、大分院、福岡院 総院長

間違いなく数少ない
本物の治療家です!

抜群の知識とあらゆる症例に対する対応力で右に出るものはいないと断言できます。間違いなく数少ない本物の治療家です。

推薦者の声
推薦者の声2

結論は『もも前の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性です』

私の経験

私がまだ学生だったころ法政大学のサッカー部のトレーナーをしていた時期があります。
通常であれば成長が止まるのと同じ時期に膝の痛みもなくなるのですが、そこでみていたトップ選手の多くは膝にオスグッド病があり、大学生になって成長が止まっているはずなのに痛みを抱えていました。
アスリートの運動強度で特に蹴る動作の多いサッカーでは慢性的に症状が出やすいのです。
痛みがある部分の炎症を抑えようとしましたが毎日のように積み重なるハードワークで焼け石に水。
完全にオーバーユースになっていました。そこで脛の前にかかる負担を根本的に減らすために大腿四頭筋の柔軟性を徹底的に上げました。そうするとこれまで痛みがあるのが当たり前という状態の選手たちの膝が劇的に改善され始めたのです。そしてそれは小中学生にも当然有効でした。
大した練習してないからとか、身長が伸びる時期だからと侮って治療やケアが遅れるとそれが原因でこの先もずっと痛みと付き合わないといけなくなるということも充分考えられます。

3つの理由

理由①

成長期の骨は柔らかい
だからオスグッド病の好発スポーツであるサッカー、陸上、バレーボール、バドミントンなどで脛の前にかかる繰り返しの牽引力が徐々に変形を助長させます。

理由②

骨と筋肉の成長速度が違う
成長期は骨の成長速度が筋肉の成長速度を上回ってしまうことで脛の前に負担が大きくかかってしまうので、決して運動強度が強くないような場合でも、痛みが出たり、まだ骨が柔らかい時期なので骨の変形が起こってしまうこともあります。

理由③

オスグッドの後遺症にも有効
身長が伸びるのが止まれば痛みは治まるのは一般的ですが、アスリートや運動強度の高い選手の場合は身長が止まったとしても痛みが続くケースはかなり多いのです。

結論

よって膝の痛みを改善させるためには『大腿四頭筋の柔軟性を上げる』しかありません。

柔軟性がしっかり上がればお子様が以前のよう元気にプレーすることができ、大好きな練習にも膝をかばうことなく参加することが可能になります。

もし成長期のお子様がオスグッド病の好発スポーツをされていて、痛みで思うようなプレーができないとか少しでも良くしたいという気持ちがあるのならできる限り早めにご相談ください。
しかしここで一点注意していただきたいのは柔軟性を上げるためには正しいストレッチ方法を知っておく必要があうということ。痛いのをむやみやたらに伸ばすのはかえって逆効果なこともありますので、治療法や正しいストレッチ方法など詳しく聞きたいということであれば是非お問い合わせください。

みなさまから
お喜びの声
多数頂きました!

他院とはココが違う!
未来ケア接骨院・鍼灸院が
選ばれる「10個の理由

アセット 1

カウンセリングと検査
最適な施術法を提案

最速で結果を出すために根本原因の追究に手を抜かない!可動域検査、徒手筋力検査、整形外科テスト法を用いて原因を特定しベストな施術プランをご提案いたします。

アセット 2

延べ10万人以上の施術実績!
海外でも評価された代表考案の独自の施術

日本古来の柔道整復術・鍼灸だけではなく、アメリカのカイロプラクティック、タイ古式など海外で学んだ技術を駆使し多くの患者様から喜びの声を頂いています。

アセット 3

メディア出演多数!
本院のある佐賀でも有数の認知度

佐賀テレビかちかちPRESSで肩こりと腰痛について取り上げられました。

アセット 4

どこよりもわかりやすく
安心・納得できる説明

模型やイラスト、映像を駆使しすべての患者様へどこよりもわかりやすく説明します。

アセット 5

痛くない・怖くない
ボキボキしない優しい施術

お子様や女性、ご年配の方まで安心して受けていただける優しい施術を心がけています。だからもみ返しがほとんど起こりません。

アセット 6

充実のアフターケア
いつでも相談可能

公式アカウントからいつでも何度でもご相談ください。身体のスペシャリストが親身のお答えします。登録は以下から。

アセット 7

最後の砦。どこに行っても
改善されなかった方が多数来院

もっと早く通えばよかった。もっと早く教えてほしかったなどうれしいお声を頂いています。現在通院中の患者様の大半はご紹介による来院です。

アセット 8

小さなお子様がいても安心
ベビーベッド・キッズスペース確保

産後矯正でもお子様連れのママさんも多く来院されてます。手の空いているスタッフも対応しますので安心してご来院ください。

アセット 9

衛生管理も手を抜きません
どこよりも清潔で明るい院内

患者様が直接触れる場所はすべて消毒をしています。フェイスタオルは施術ごとにすべて清潔にクリーニングされたものを使用しています。

アセット 10

どこよりも通いやすく
を目指します

予約優先制で待ち時間がほぼなく、250台の大型駐車場が利用可能です。